文化・芸術

2012年2月14日 (火)

『奴婢訓』

万有引力の『奴婢訓』を見た。テーマは「たった一人の主人の不在によって巻き起こる奴婢達の狂乱」ということで、まさにその通りの舞台だった。

上演開始前から舞台上では演劇が始まっていたり、俳優が客席にまで入り込んで観客を巻き込んだり、繋がりのない引用や隠喩を羅列したりし、最後には俳優皆で狂気の乱舞、という、昨年観た『阿呆船』と同じような構成で寺山修司らしい演劇だと思う。それにしても、この人本当に幻覚症状が見えていたんじゃないかと思うほど、天才バカボンのような支離滅裂さで面白かった。特に『奴婢訓』では、二人の人間が平行方向に宙づりになる装置や、テーブルを挟んで椅子が二脚あり一人は頭を下にして座り、上下にくるくるまわることで、向き合う二人の位置と立場がくるくる変わる機械、自分で自分の尻を叩く一人お仕置き機など、さまざまな人力機械装置とでもいうものがあり、倒錯した世界観が表れていた。

物語というものはあるようでなく、スイフトの同名の作品を題材に、宮沢賢治の登場人物やセリフ(宮沢賢治も「幻覚の世界」とでもいうべきものを作り上げることに成功したのではないだろうか)を散りばめ、ジャン・ジュネの『女中たち』で描かれている主人と奴隷の倒錯という遊びを大人数で行うだけである。「たった一人の主人の不在」によって、カーニバルの「逆さまの世界」が繰り広げられる。本当は他にもいろいろなところから引用されているのだろうが、それ以外はよく知らない。ただセリフの一つひとつは本当に面白いと思った。

また、そのような舞台をうまく作り込んでいるので、純粋に楽しめて面白いのだが、ジュネにしてもカーニバル論にしても、その他の引用されたセリフにしても、70年代、80年代(といってしまうとくくりは大雑把になるが)という文脈でこそ生きてくるものだと思う。逆に言うと、今の時代にこれをやる意味はあるのだろうか?観客を巻き込むと言っても、本当に何かに巻き込まれてしまうという恐ろしさはまったくなく、アヴァンギャルド演劇という凄みはほとんど感じられなかった。むしろ、『奴婢訓』を観たのは初めてだったせいか、「70年代。80年代にはこんなことをやっていたんだ」と感嘆し、歴史を見たという気がした。

もちろん万有引力は、「寺山を構成に伝える」ということをコンセプトにしていて、まったく予想もしない新しいことをやろうとしているわけでないし、劇自体はとても楽しめたのでまったく問題ないとは思う。とはいえ、寺山修司や、それこそシーザー自身が、かつて追求していた「前衛的」な精神から作り出された劇も観てみたいとは思うのだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月 8日 (火)

平山郁夫

東京国立博物館で「仏教伝来の道 平山郁夫と文化財保護」展を見る。

インドからチベット、西域を抜けてギリシア、イタリアまで、広大なユーラシア大陸のさまざまな土地に赴き、スケッチをした平山郁夫。バーミヤンではタリバンによって破壊された大仏像を偲び、インドでは釈迦がかく生きたと想像をはせて幻想的で独特な画風で「天堂苑樹」を書き上げた。
Untitled

平山の日本画は淡い光に包まれて砂漠や高原が広がるシルクロードに合っている気がする。

またインドやカンボジアも旅し、「アンコールワットの月」なども旅情を掻き立てる。
M_e5b9b3e5b1b1e98381e5a4abe5b195


平山がトルファンやウイグル、アフガニスタンを巡り、破壊されつつある文化財保護にも力をいれたことからか、今回の展示では西域の展示物も多かった。「舎利容器」などでは、彫刻されている絵がペルシアというかナポリ考古学博物館で見られそうなオリエンタルなものだった。

ところで、今回の目玉は、薬師寺の大唐西域壁画殿の壁画である。昨夏に薬師寺にいったときは、あまりの暑さに玄奘三蔵院伽藍までたどり着けなかったが、今回ようやく見ることができた。

玄奘三蔵のたどった道を朝から晩まで描いたこの一連の壁画は、スケッチもしっかりと描きこまれており、見ていると圧倒される。

チケットの絵にもなっている「長安の天雁堂」では、聳える堂の横に雁が数羽舞っている構図でどこか懐かしさを感じる。
Untitled_2

長安を旅たち、西域、アフガニスタンを抜けてインドへと至る。壁画の場所を図示した地図を見ながら思うに、長安に都をおいた唐という国は、目を西域に向けていたのだろう。ウイグル、チベットの向こうにはイスラム帝国と、文化的水準の高い国が広がり、唐からバクダッドへと抜けるシルクロードは、当時世界の最高峰の文化の橋渡しをしていたのかもしれない。一方、唐が滅んだ後、元を経て明の時代に入ると、鄭和の大遠征にも象徴されるように海へと進出していったのかもしれない。そのさらに後の清は長城以北の民族であり、中華帝国最大版図を気づいたとはいえ、逆説的ながら内へ内へと力をむけていたとも言えようか。もっとも他国との関係もあるので一概にはいえない問題ではある。

さて、話を国立博物館に戻すが、ここは常設展にもいろいろと展示物があり、日本美術、文明の推移が見てとれるようになっていてとても面白かった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)